効果的な管理職研修

管理職研修における経営シミュレーションのグループ内の役割分担

管理職研修では、経営シミュレーションをグループ単位で行ってその結果を競うというようなプログラムを導入している企業があります。そのシミュレーションを行うグループ内の役割分担を少し工夫するだけで、管理職研修としての効果が大きくアップすると言われています。 経営シミュレーションをグループ対抗で行う場合、よくあるのが出身部署の役割をグループ内で担うというやり方ですが、自分の職場以外の役割を担うこと、という制約をかけることによって、非常に効果的な管理職研修にすることができるのです。 管理職であれば他部署の業務内容はある程度わかるはずですが、実際にその立場で考えることが経営の立場に立った時に役立つのです。 管理職研修のやり方は様々ですが、どんな研修も工夫一つでその効果が変わるのですから、研修を企画する側は常に真剣でなければならないといえます。

管理職研修は経営感覚とコンプライアンスと人材育成が中心

人材育成に力を入れている多くの企業は、一般社員研修、職能別研修から管理職研修まで多くの研修を行っています。中でも管理職研修のレベルは高いです。管理職に求められるものはそうでない社員に比較すると多くなりますので当然です。 最近の管理職研修の中心カリキュラムは、経営センスを磨くこと、コンプライアンス関係、そして人材育成です。現代の管理職に求められるものは、各種のハラスメントを起こさず、経営者と同等の経営感覚を持ち、現場のメンバーを活性化させて力を引き出すということが求められていることがこの主要カリキュラムに表れています。 管理職研修の方法も、座学で講師が一方的に話をする形式だけでなく、グループ研修やディベート、自宅での課題など多くの方法が組み合わされているのが一般的です。