内定者のフォロー

入社前に社員の不安を取り除く

企業にとってこれから新入社員として入社する予定の内定者に対し、事前に内定者フォローをしておくことが必要になります。内定というのはあくまでも内定であり、内定している社員がそのまま就職活動を続けて他の企業の面接を受けにいっていっる可能性もあるのです。その場合、そちらの企業に魅力を感じた場合、内定の辞退を申し出てくる場合もあります。 従って内定者に対しては、企業が自分の会社がしっかりした内定者フォローの体制をとっていて、不安なく会社に馴染めることに気を配っていることなどをアピールすることが他社にいい人材をとられないために必要なことなのです。 内定者フォロー研修などは人事部主導で行われますが、内容等も興味を引くものでないといけないのです。

いい人材の確保が企業の将来を左右します

企業は人が頼りです。先を見据えた経営戦略や企業モラルの確立、売れる商品の開発等、どれをとっても魅力的な人材のいる企業が将来的に安定して発展していくことになります。従って人事戦略もきちんと計画的に行い、中途採用と新卒採用の人員バランス等も考慮していけなければなりません。 内定者フォロー研修の際に会社の社長や経営企画部門の幹部が企業の将来的なビジョンを話す機会もある場合が多いですが、そのような場で話す内容を内定者は興味を持って聞いています。 将来に希望がなくて夢のない会社ですと、他社にうつって行かれてしまうこともありますので、話の内容は十分に吟味することが必要です。自分の会社のオリジナリティを出すようにすることも効果的です。